×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

職場のいじめ対策

大人のいじめ

職場,いじめ,大人,モラハラ,セクハラ,パワハラ,うつ病,対策,

子供のいじめは、ようやく近年、問題視されるようになりました。それでも、学校の体面や様々な理由から、有耶無耶にされてしまうこともあります。このように、いじめが表に出されない頃から、そういった経験をしてきたはずの大人達の中にも、実は存在しています。ただ、子供と大人という立場の違いから、軽視され、取り立たされず、表に出てこないだけなのです。

 

 

大人のいじめには、職場でのいじめや近所の付き合いなどがあります。しかし、大人であるという理由から、自分での解決を余儀なくされ、いじめは恥ずかしいものだという風潮から、相談出来る相手もおらず、一人で悩み苦しんでいる人が多くいます。こうして一人で悩み続けると、精神を蝕み、やがて体へ悪影響を及ぼしていきます。

 

そうなっては手遅れになります。精神を蝕む前に、改善を試みる必要があるのです。一人で悩み、精神を蝕むまでの間には、必ずサインがあります。そのサインに自ら気付き、そして、自ら認め受け入れる。それが、大人のいじめから立ち直る第一歩なのです。

 

30日で職場いじめを撃退する方法


モラハラ・パワハラ・セクハラ

職場でのいじめで多いものは、モラハラ、パワハラ、セクハラの3つです。モラハラとは、モラル・ハラスメントの略で、言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人間の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その人間が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くしたりするものです。

モラハラには2種類あり、1つは、こうした行為が純粋に自分の性格や人間性から出ているものであり、もう1つは、権力を使って相手を傷付けるものです。この権力を使った攻撃は、パワー・ハラスメントと呼ばれており、日本においては、職場のいじめの中で実は最も多いと言われています。そして、セクハラは、女性の被害が圧倒的に多いいじめです。

 

この3つは、提唱者も違うという事もあり、異なった定義だとされていますが、それぞれに共通した概念が含まれており、3つが関連し合って起こっている場合もあります。

 

1番身近に起こりやすいケースとしては、上司であるという権力を持っており、それがやがてパワハラを引き起こすと、馬鹿にされたくないという自己防衛心が自己愛変質的に変化し、更に攻撃性を増します。

それが、例えば上司が男性で攻撃対象者が女性であった場合、セクハラへと変わる可能性もあります。この様に、3つの関係は切り離すことは出来ず、それぞれのいじめの要因となるハラスメントを特定して対処するという事は、実に難しい事と言えるでしょう。

 

また、モラハラ、パワハラ、セクハラだけでなく、嫉妬や気が合わないといった些細なことから単純に起こってくるいじめもあり、人間が同じ空間にいる限り、こういったいじめを絶滅させるという事は、難しい事なのかもしれません。

うつ病

うつ病は、いじめなどによって引き起こされる病気として挙げられています。うつ病は、いじめが問題視される様になった事もあり、今では深刻な病として対策も取られる様になりましたが、受診科が精神科という事もあり、偏見はまだ残っています。

その偏見は、第3者だけではなく、1番頼りにしたい友達や恋人、家族内においてもあります。うつ病に掛かっていても、こうした理解を得られない環境に置かれている人にとっては、自分がうつ病であるという事を認める事すら罪の様になってしまい、悪化させてしまう事に繋がってしまうのです。

 

うつ病を深刻化させない為には、自分で認め受け入れる事が必要です。そして、初期症状であるサインに気付く事が大切なのです。

 

子供が学校へ行くのを嫌がるというケースがあります。親は、わがままや仮病だと決め付けて、そこにある理由を聞かないという事があります。大人にもこういったものがあります。何となく体がだるくてやる気がしない、玄関で靴を履いた途端にお腹が痛くなる、ベッドから起きられないなどが挙げられます。こうした症状には、うつ病が関係しているかもしれないのです。

子供の学校へ行きたくないという理由には、学校で嫌な思いをした、いじめられている、友達とうまく接する事が出来ないといった理由が存在します。それを放置しておくと、子供でもうつ病を発症します。

大人も同じです。職場で何か嫌な思いをしたり、上司から威圧されたり、嘘を要求されたりした場合に、会社へ行くという行為自体に体が嫌悪を感じるのです。こうしたうつ病の初期症状とも言われる状態を見逃すと、元気を取り戻すのには、かなりの時間が掛かってしまいます。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


いじめ対策

いじめを克服する為には、いじめに立ち向かうか、いじめのある場所から逃れる方法があります。いじめに立ち向かい、自分で攻撃してくる相手を止めるという事は、自分の自信にもなり、いじめられたという心の傷を塞ぐ事にも繋がります。

 

しかし、皆が立ち向かえる勇気を持てる訳ではありません。また、更に傷付くリスクを負ってまで立ち向かうのは危険です。いじめのある今の環境から逃れ、心機一転新たな場所でやり直すというのも、いじめを克服出来る方法と言えます。環境が変われば気分も変わります。また、そこに良い人間関係を築ける空間があれば、いじめが起こる事はまず有り得ません。

 

うつ病の初期段階でこうした環境に変われれば、不安も解消されて行き、体も改善されてくるでしょう。

いじめの後遺症

いじめを克服し、うつ病からも立ち直れたとしても、心に負った傷は簡単には消せません。トラウマとなって、ある日突然現れる可能性もあります。新たな職場に変わったとしても、過去の傷が心を不安にさせます。また、同じような場面に出会した時、相手の言動に何ら問題がなくても、自分がいじめだと感じてしまうかもしれません。こうした感情は、いじめの後遺症とも言えるでしょう。

 

いじめの後遺症は、自信を失う原因になります。そして、自信のなさが新たなうつ病を発症させます。しかし、こうした傷を持っているからこそ、自分は誰かを傷付けたりしないという人も多いはずです。

 

つまり、いじめの後遺症があるからこそ、人の痛みの分かる人間になれるのです。それを自信にして、常に優しさを心掛けていれば、自分にも優しくなれ、強く立ち向かっていける様になります。つまり、自分の心持ち1つでいじめは克服出来るのです。

 

30日で職場いじめを撃退する方法

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


職場のいじめ対策エントリー